追求夢想

Athletic TrainerとしてNBAを目指す、その道のりの記録
カテゴリ:未分類( 49 )
急いては事を仕損じる /skweaky wheel gets oil
ATTACK ATHLETICSで会う、NewYork Knicksの選手達。

彼らには、Knicksでインターンをするかも、という事は伝えてません。
まだ本決まりではないですし、仕事をオファーしてくれているPTのDaveの前で、その話をするのは失礼だし。

でも、彼らから、その話をしてきました。
いつNYに来るんだ?って。
なんでも、ヘッドトレーナーから聞いたと。

期待もたせるなら、はやく正式なオファーが欲しいところです。
”急いては事を仕損じる”とは言うけれど、
英語ではskweaky wheel gets oil。

もう少し、待ってみようか。
[PR]
by uk0323 | 2008-06-30 03:24
大前進
NewYork Knicksのヘッドトレーナーから電話。
Attack Athleticsで働いていたけれど、ちょうど自分の手が空いていたのでよかった。
今度はちゃんと電話をとれました。

なかなか捕まえるのが難しいNBAのトレーナー達(Attack Athleticsもそうだったけど)。
絶対に逃しちゃいけない電話、っていうのはあると思う。
チャンスは思わぬタイミングで訪れ、予想以上のスピードで展開していく事もあるけれど、それと同時に、逃してはいけないものを逃せば、それはスルッと手から零れ落ちてしまう。

今回の電話では、今までで初めて、具体的な内容に話が及びました。
働き始めの時期(9月半ばから)や、給料の話(家賃が高いから、知り合いやルームメイトを探した方がいいなど)、交通状況など。

そして、Best ReferenceであるDaveとも話をしたと。
Daveは自分の事を本当によく言ってくれたようで、自分の印象をかなりよくしてくれたみたい。
本当に、感謝してもしきれません。

まだ、インターンのポジションそのもののJob descriptionが完成していないから確実なオファーはまだできないけれど、いい報告を待っててくれと言われました。

期待はしながらも、浮き足立たないように。
[PR]
by uk0323 | 2008-06-22 05:13
贅沢な悩み
が出来ることになるかも、しれません。

NewYork Knicksから電話があり、その時は働いていたので電話をとれなかったのだけれど、かなり前向きに捕らえてよさそうな留守番メッセージが残ってました。

NewYorkとHouston。
どちらかを選ぶのならば、戦力(プレイオフまで働きたい)の面でも、国際色が豊かな選手層にも魅力があるのはHouston。
シカゴの都会に少々圧倒されてもいるので、一度行った事のあるHoustonの方が安心できるって部分もあるかも。大都市に変わりはないけれど。

すぐにHoustonに電話をかけて、ヘッドトレーナーの秘書っぽい人に伝言をお願いしました。
Yusukeと名乗ったら、”ああ、Nakayamaね”と言われたので、少しは期待していいのでしょうか。

NewYorkから話をもらって、Houstonの返事次第、という状況はできるだけ避けたい。
チャンスを広げる為に複数のチームに(実際に全チームに手紙を送った)連絡をとるのは当然の事だけれども。
[PR]
by uk0323 | 2008-06-18 10:19
ATTACK ATHLETICSと NBA
ATTACK ATHLETICSでインターンを始めて一週間。
だんだんとペースがつかめてきました。

Cにテーピングをしたり、
Dをストレッチしたり、
Lと話をしたり、

と、半分リアリティーが無い状態にも慣れてきました。

来週電話をする、といったHoustonのトレーナーからは連絡がなく、
こちらから電話をしようとしたのだけれど、
彼が前回かけてきたのはToyotaセンターのオフィスからで、かけなおした時は、すでにセンターがしまっていました。
今は週末なので、明後日、かけ直します。

シカゴでの滞在期間もはっきりさせたいので、はやく決まってほしいところです。
ATTACK ATHLETICSのTim Groverは、Houstonのトレーナーと知り合いだそう。
”彼はいいやつだよ”って言ってました。

そういえば、Lはチームのトレーナーを連れてきていました。
若かったな、彼。
また来週くるっぽいので、働かせてーって言ってみます。
[PR]
by uk0323 | 2008-06-15 05:20
Houston Rockets
シカゴへ出発するために部屋の片付けをしていたところ、
Texasナンバーから電話が。

Texasへ引っ越したDustanからか、と思いきや。

Houston RocketsのHead Athletic Trainer。
バケーションから帰ってきたところで、自分が送った最終レジュメに目を通してくれたとの事。

Cover letterも、Resumeも素晴らしい、という評価をしてくれて、
”This is the man we are looking for”
とまで言ってくれました。

現在は、最有力候補として名前を残してくれているそうです。
来週、また電話で話をします。
[PR]
by uk0323 | 2008-06-03 05:03
Attack Athletics インターン決定
以前からコンタクトを取り続けていた、Attack Athletics。
一度は連絡が途絶えてしまったので、半分諦めの気持ちがあったのが正直な所だったけれど、
残りの半分で粘りました。

もう一度、Attack Athleticsの本部宛にメールを送り、どれだけこのチャンスを諦めたくないかを綴りました。

今朝、電話がかかってきて、まだ興味があるかを問われ、当然返事はYES。
最終的には、6月9日から働けることになりました。

自分が愛するBasketball。
その神と呼ばれるMichael Jordanのトレーナーであり、現在はKobe やWadeを指導する施設で経験を積めるのは、自分にとってこの上ない。

粘り勝ち。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-31 04:57
NBA Summer League 2008
7月に行われるSummer Leagueに何とか食い込めないかと。

まずはNBA.comから、メールを。
その後は、このSummer Leagueをホストする大学のバスケットボールチームのヘッドトレーナーにメール。
もしかしたら、何も知らないかもしれないけれど、もしかしたら何か知ってるかも。

連絡を待ちます。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-30 05:31
ATTACK ATHLETICS つづき
さて、「明日の午後連絡する」との返事から3日が経ちます。
一昨日、留守電を残したものの、まだ連絡なし。

数時間後にもう一度電話をしてみて、それでも繋がらないようなら、この件の縁はなかったと判断して、次の手に移ったほうが賢いと思われる。

というか、すでに次の手を打ってきました。
シーズンの始まった、WNBA。
頭の悪い事に、まったく考えなかったけれど、時期的にはベストの場所。
月曜に届くようにPriolityMailで手紙を送ってきました。

シーズン開始前から連絡を取り始めるべきだったな。
まぁ、仕方がないので幸運を祈るのみ。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-24 01:43
Lakers, Hornets, Sonics
の三チームから連絡。
Lakersは、手紙で
Hornetsは、Emailで
Sonicsは電話で。

でも、どれも残念ながらインターンのポジションはない、という旨。

残念。
でも、こうしてきちんと連絡をくれる事に感謝です。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-23 01:44
ATTACK ATHLETICS
シンポジウムに参加したコロラドにいる時に、
Illinoiの電話番号から電話がかかってきました。

可能性があるのは、Attack Athleticsか、Chicago Bulls。
前者でした。

少し話をして、アーカンソーに戻ってから電話をかけ直す、といって会話終了。

そしてアーカンソーから電話をかけなおしたのが昨日。
インタビューのセッティングの話かと思ったら、すでに採用が濃厚との事。
ただ、ネックになるのが自分のステータス。
学生か、どうか。
やはり学生のインターンしか取らない様子。

学生ビザでアメリカに滞在しているし、
自分の名前は、まだUniversity of Arkansasの管理下に。
あと数時間で、最終決定の電話がかかってくる予定。

どんな返事がこようと、簡単には引き下がるもんか。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-20 23:28


by uk0323
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧