追求夢想

Athletic TrainerとしてNBAを目指す、その道のりの記録
カテゴリ:未分類( 49 )
Athletes' Performance
NBAでのインターンが決まると前提した場合、働き始めるまで数ヶ月の時間がある。
その数ヶ月を最大限に活かす為に、アメリカでも名の知れたAthletes' Performanceという競技力向上の施設にメール&手紙を送った。

早速三つあるうちの施設の一つであるアリゾナから返事があり、
決まりで学生しかインターンを取らない、との事。
でも、ここで簡単に引き下がらない。
身分は学生ビザの元にある事と、ボランティアでもいい、という事を、感謝の返事と共に添えた。

どうなるかな。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-14 11:51
卒業
無事に、Universit of Arkansas を卒業。
達成感などは、まだ無し。
今後の先を決めて、それから十分に味わいたい。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-10 11:40
最後の手紙
半年前に手紙を送ったときに返事の無かったチームに、もう一度、最後の手紙を送る。
直接連絡が取れているチームは4チームあるけれど、可能性を広げるに越した事はない。

卒業まであと5日。

もし決まらなかったら、という悪いイメージが頭をよぎる事だってもちろんある。
この不安を無視する必要はない。
あって当然のもの。
素直に認めてやろうと思う。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-05 00:21
保険を無くす
有難い事に、色んなインターンの話を持ってきてもらっている。

University of Kansasのフットボールインターン。
女子バスケのヘッドトレーナーに気に入ってもらっていて、彼の知り合いがそこのヘッドだから、もし俺が興味あるなら、強く推薦してくれると。
俺に話しかける前に既に電話で推薦してくれてたみたい。

MLBのインターン。
最初のセメスターで働いていたときのボスであるJulie。
BOCの合格を報告にいって、今後の進路のことを話していたら、
「もし野球に興味あるなら、MLBに知り合いがいるから連絡をとってあげるよ」
と。
「もしアメリカに残りたいなら、インターンじゃなくてフルタイムで仕事がもらえるかもよ」
と。

ルームメイトのDustan。
彼の働くTexas A&Mでのインターン。
一緒に働こうと言ってくれる。

University of Arkansas Fort Smith(Div II)でのバスケットボールチーム。
そこのヘッドトレーナーになるであろう、ここのGA。
もし決まったら、そこのバスケのヘッドのポジションを考えてくれると。

全部全部、魅力的でありがたい。

でも、全部断りました。

All or Nothing。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-02 00:22
Tighten your helmet strings in the hour of victory
無事に、BOC試験に合格しました。
さすがに結果を開くときは緊張しましたが、一安心。

嬉しさは、自分の合格を応援してくれた人たちに知らせる事ができた事。
自分自身に関しては、思っていたほど、嬉しいという感情や達成感はない。
それはきっと、これが過程の一つにすぎないと分かっているから。
自分が描いているATCという姿にはまだ程遠いから。

タイトルは父親が合格祝いのメールに添えてくれた言葉。
まさにそのとおり。
これからが勝負の時。
[PR]
by uk0323 | 2008-04-26 06:06
ATTACK ATHLETICS
あのマイケルジョーダンのトレーナーとして、またその著書Jump Attackで名が知れたトレーナー、Tim Grover。

考えてみれば、自分のパフォーマンス向上への興味関心が具体化したのは、彼のJump Attackを読んでから。

彼の施設はシカゴにある。→Attack Athletics
インターンの話がどうなるかで予定は変わってくるけれど、手紙を送ってみて、研修させてもらえるかを聞いてみよう。
[PR]
by uk0323 | 2008-04-21 13:42
OPT続き
OPTの延長の話。

International Student Officeの人に確認のメールを送ったところ、自分のメジャーはOPT延長が認められているメジャーに含まれていない、との事。
Master of Scienceも含まれていたようなので、再確認が必要。

OPTを29ヶ月使うかどうかは別として、インターンの後の動き易さが格段に変わるから、延長が認められると助かる。

BOCの結果、早く出ないかな。
[PR]
by uk0323 | 2008-04-17 13:34
BOC受験
BOCを受けてきました。
その日の流れは、メインのブログに記録として残しておきました。
結果が分かるのは2週間から4週間かかるそうです。
メインのブログでも、このブログにでも、良い報告ができる事を願います。

受験の報告をNBAのトレーナー達に報告するべきか。
それとも結果が出るまで待つか。

プレイオフに出場するHoustonとOrlandとは違い、NewYorkのシーズンはもうすぐ終わり。
つまりは次のシーズンに向けて動き出すのも他のチームより早いだろう。
ここは一つ連絡を入れておこうかな。
結果がでたら、また連絡します、という意味で。


話は変わって、 OPT。
今までの12ヶ月から、なんと29ヶ月に延長されるそう。
自分のケースが適用されるかは分からないけれど、そうなれば将来の選択肢が大きく増えることになる。
注目です。
[PR]
by uk0323 | 2008-04-12 00:32
EDA card arrival
インターンをするのに必要不可欠なOPT、その証明となるEDAカードなるものがInternational student officeに届いたそう。

これで、あとはインターンのポジションを得るのみ。
[PR]
by uk0323 | 2008-03-18 04:21
Houston Rockets
SEC Tournamentが行われているアトランタでの練習中。
Daveの携帯がなり、彼が少し席を外し戻ってきました。
自分の肩をポン、とたたき、
”I just talked to Houston Rockets' trainer”と。

自分の送ったレジュメとカバーレターを読んで、チームにインターンのポジションが設けられるか検討してくれる、との事。
もしそれが上手くいかなかったら、知り合いのトレーナー達に話を回してくれるそう。

その夜は、自分の履歴書をアップデートしました。
新しい履歴書を送ってみようと思う。
[PR]
by uk0323 | 2008-03-18 04:20


by uk0323
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧