追求夢想

Athletic TrainerとしてNBAを目指す、その道のりの記録
保険を無くす
有難い事に、色んなインターンの話を持ってきてもらっている。

University of Kansasのフットボールインターン。
女子バスケのヘッドトレーナーに気に入ってもらっていて、彼の知り合いがそこのヘッドだから、もし俺が興味あるなら、強く推薦してくれると。
俺に話しかける前に既に電話で推薦してくれてたみたい。

MLBのインターン。
最初のセメスターで働いていたときのボスであるJulie。
BOCの合格を報告にいって、今後の進路のことを話していたら、
「もし野球に興味あるなら、MLBに知り合いがいるから連絡をとってあげるよ」
と。
「もしアメリカに残りたいなら、インターンじゃなくてフルタイムで仕事がもらえるかもよ」
と。

ルームメイトのDustan。
彼の働くTexas A&Mでのインターン。
一緒に働こうと言ってくれる。

University of Arkansas Fort Smith(Div II)でのバスケットボールチーム。
そこのヘッドトレーナーになるであろう、ここのGA。
もし決まったら、そこのバスケのヘッドのポジションを考えてくれると。

全部全部、魅力的でありがたい。

でも、全部断りました。

All or Nothing。
[PR]
by uk0323 | 2008-05-02 00:22
<< 最後の手紙 Tighten your he... >>